どれりはでした。

更新日:

本日の稽古場日誌、担当は鈴木ありさです!

今日のお稽古は、ドレリハでした。

本番通りのお衣装を着て、お稽古をするのです。

そして私は思いました。

お衣装をぜひ見てください…!!!

衣装班、山口晴菜が中心となって、
みなさまのご協力のおかげで集まった衣装なんです。

大正という時代。
文化が劇的に変わった時代。

服装も然り、です。

和服の着方が変化しました。
洋服がメジャーになりつつありました。

新しいアイテムも、
肌の露出度合いも変わりました。

きっと、「近頃の若者は…」なんて言われてたんだと思います。

流行りもありました。

髪型も、どんどん新しいものが出てきて、
舞台女優の真似をしたり、雑誌を参考にしたり。

特に女の子たちは、女性たちは。
そんな色々に敏感になりながら、生活していたんだと思います。

そんな、女性たちのお衣装。髪型。
(男性だっておしゃれです、念のため。)

私はドレリハでそんなところばかりに注目してしまいました。

かわいい、きれい、美しい!
正直見とれてました。

早く、皆様方にも見て頂きたいです。
日常的にそんな服装に身を包んだ、彼女たちを。

そして、彼らを。

そんな時代に起こった事件も忘れずに。

鈴木ありさ。

-

Copyright© 演劇集団よろずや , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。