vol.27『紙屋町さくらホテル』

 

ストーリー

終戦直後の東京。
戦犯が勾留されている巣鴨プリズンに元海軍大将の男が自首してくる。

「自分はA級戦犯だ」と主張する男に、お引き取りを願うため応対するGHQで働いている元陸軍軍人。
二人は終戦直前の広島ですでに出会っていた。

7か月前の昭和20年5月「紙屋町さくらホテル」。
移動演劇さくら隊の丸山定男と園井恵子は、ホテルとは名ばかりの木造宿泊施設で
ホテルの女主人や言語学者、特高刑事まで巻き込んで
広島宝塚大劇場で「無法松の一生」を上演するため、稽古の真っ最中だった。

『今を懸命に生きる』人々を、やさしく熱い目線で描いた井上ひさし氏の名作に、演劇集団よろずやが初挑戦。

公演詳細

日時 2017年8月
18日(金)19:30
19日(土)13:00/16:00/19:30
20日(日)13:00/17:00
21日(月)13:00/17:00
会場/ご予約 【TORII HALL(トリイホール)】
料金 前売:¥3,500/当日:¥4,000/学生:¥2,000※要学生証

※全席指定席

出演 竹田朋子/寺田夢酔/斉藤幸恵/大津尚之/鈴木愛里沙/赤穂神惟/山口晴菜

上田泰三(MousePiece-ree)
河口仁(シアターシンクタンク万化)

スタッフ
  • 井上ひさし
  • 演出
    寺田夢酔
  • 舞台監督
    ニシノトシヒロ(BS-Ⅱ)
  • 音響
    河合宣彦
  • 照明
    追上真弓(株式会社karamelli)>
  • スチル
    井上信治
  • 宣伝美術
    宣伝美術家TOM
  • 制作協力
    尾崎商店

投稿日:

Copyright© 演劇集団よろずや , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.