演劇集団よろずや第33回本公演『王征路』終演いたしました!

ご来場いただいた皆様
本当にありがとうございました

vol.32『青眉のひと』

 

劇場予約はこちらから

※今回は#観劇三昧LIVE での生配信も予定しておりま
13時回のご予約はこちらから

17時回のご予約はこちらから

ストーリー

明治・大正・昭和を生きた美人画の大家、上村松園の評伝劇。

「まるで霞を食べ、霞を衣として生きている仙人のような生活をしている」と、師である竹内栖鳳に例えられたことから、名付けてもらった画室「棲霞軒」にこもって、ひたすら絵を描き続けた女流日本画家、上村松園の12歳から74歳までの画業人生を、家族や、師弟、画題に取り上げた歴史上の人物や物語の登場人物との心の交流を通して描く。

脚本:森美幸・寺田夢酔
演出: 寺田夢酔

日時

2021年9月18日(土)13:00/17:00

会場

大槻能楽堂

出演

竹田朋子
鈴木ありさ
赤穂神惟
山口晴菜
中村太亮
つのめぐみ

山本香織 (道頓堀セレブ/イズム)
上杉逸平 (メガネニカナウ/イズム)
森光冬 (松竹新喜劇/溺れた魚の水揚げ式)
山下春輝
KAOROSE/北田薫 (演楽表現集団飛花)
福辺蓉都
折目真穂 (関西タレント事務所)
佐藤敦子 (VOGA)
中村佑紀 (株式会社宝映テレビプロダクション)
福永愛

【メモリアルキャスト】
河口仁 (シアターシンクタンク万化)

能楽

斉藤敦 (森田流笛方)
上田敦史 (大倉流小鼓方)
守家由訓 (観世流大鼓方)

音楽

新藤滝海 (胡道吟楽庵)
マツキクニヒコ (フラワー劇場)
Kackey@dabigtree (大地の種office / 演楽表現集団飛花)

スタッフ

舞台監督:中村太亮
ヘアセット:吉田あつ子
着付指導:竹田朋子
衣裳部:山口晴菜・つのめぐみ
小道具部:赤穂神惟
宣伝美術:宣伝美術家TOM
宣伝美術協力:Design Unit 101
演出助手:つのめぐみ
制作協力:阪田愛子
衣装協力:胡道吟楽庵
制作部:鈴木ありさ

タイトルとURLをコピーしました